Windows 8 対応プロテクトキー最新ドライバのご提供について

公開日: 2014年12月15日
Microsoft Windows 8 上で「SNPAlyze」、「HealthSketch」をお使いになる場合は、プロテクトキーの最新ドライバをインストールしていただく必要があります。 お手数をお掛けして申し訳ございませんが、以下の手順に従い、新しいドライバをインストールしてください。


最新ドライバ導入方法

 
  • 今回ご提供するドライバは、Windows XP 以降のOS環境で動作します。
  • 旧OSからアップグレードされる場合は、以下の手順に従い、事前に最新のドライバをインストールしてください。
 
以下の作業は管理者権限を持つユーザで行ってください。

 

  •  旧ドライバのアンインストール

    現在インストールされている古いドライバをアンインストールします。

    1. PCを起動します。(管理者権限をもつユーザでログインしてください。)
    2. プロテクトキーがPCに接続されている場合は、外してください。
    3. 以下のファイルをダウンロードしてください。
      HASPドライバ管理ユーティリティ
      H4_hinstall_emergency.zip (約4MB)

       
    4. ダウンロードしたファイルを解凍してください。
    5. 解凍後に作成されるフォルダ内のuninstall.batをダブルクリックして実行してください。
    6. The operation was successfully completed.というメッセージが表示されたら、OKボタンを押してください。
     
  •  Windows XP 以降のOSに対応する 最新ドライバのインストール

    最新ドライバは「HASPドライバのダウンロード」からダウンロードできます。
    インストールプログラムの実行前に、プロテクトキーを利用する弊社ソフトウェアを終了し、プロテクトキーをPCから外してください。

    1. プロテクトキーがPCに接続されていないことを確認してください。
    2. 下記、「HASPドライバのダウンロード」のリンクをクリックします。

      win:HASPドライバのダウンロード

       
    3. 画面下部の「Sentinel HASP/LDK Windows GUI Run-time Installer」のリンクをクリックします。
    4. LICENSE AGREEMENTをお読み頂き、画面下部の「I Accept」というボタンをクリックすることで、ダウンロードが始まります。
    5. zip形式の圧縮ファイルを解凍し、中に含まれる「HASPUserSetup.exe」というファイルをダブルクリックします。
    6. ダイアログに従ってインストールを行います。
    7. 以上の方法でドライバのインストールが完了します。
    8. プロテクトキーをPCの空きUSBポートに接続し、SNPAlyzeが正常に動作することをご確認下さい。

     




以上の操作を行っても問題が解決しない場合、操作方法がよくわからないという方には個別に対応させていただきます。
下記連絡先までご連絡ください。

 

開発元
株式会社 ダイナコム
千葉市美浜区中瀬2-6-1 WBG マリブイースト 25F
Tel 043-213-8131
Fax 043-213-8132
e-mail snpalyze-s@dynacom.co.jp
URL https://www.dynacom.co.jp/