主な特長


本製品の主な特長をご紹介します。

各種多変量解析が可能

サンプルのグループ分け、判別モデル式の作成、モデル式を用いた未知サンプルの判別、ピーク分離など一通りの多変量解析を行うことができます。

データの前処理

読み込んだサンプルの画像データを確認しながら、前処理(不要領域の削除 / 散乱光の削除)が可能です。

シンプルなユーザーインターフェース

多変量解析が初めてのユーザでも、シンプルな画面操作でデータの取り込みから解析結果表示までを行うことができます。

複数種の分析データに対応

蛍光光度計や液体クロマトグラフ、マススペクトルなど日立製分析装置から出力されるデータに対応しています。

CSVデータの取り込みが可能

他の解析ソフトウェア、表計算ソフト等から出力されたCSV形式のファイルを読み込むことが可能です。

画像データの保存

読み込んだサンプルの画像データ、統計解析結果のグラフは、画像ファイル(PNG / JPEG / PDF)として保存することができます。