有意確率 (p-value)

統計的仮説検定において、帰無仮説棄却対立仮説を採択する時の基準です。
有意水準とも言います。一般的に5%、1%が使用されます。
例えば、検定した結果が有意確率5%以下であるならば、最初に立てた帰無仮説を「滅多に起こらないこと」として棄却し対立仮説を採択します。
また、「有意確率αで検定すると有意な差が認められた」ということと、「危険率αのもとで有意な差があるといえる」は同じような意味で使用されます。
有意確率5% で検定を行うということは、 第1種の過誤をおかす危険率が5%であることを意味しており、同様の調査・検定を行うと、20 回に 1 回は得られた結論が誤っていることを表します。

確率密度関数