ブートストラップ法

ブートストラップ法とは、ある標本集団から母集団の性質を推定するための方法です。
復元抽出法』により標本集団から標本集団と同じ数だけランダムに値を再抽出し、新しいデータセットを取得し統計値を計算します。
それを例えば1000回繰り返したら、1000個分のデータの平均値と標準偏差、信頼区間を算出することが出来ます。イメージとして以下のようになります。

ブートストラップ法


BootStrap法は、推定値の信頼性評価を目的としています。
再抽出データから得られたデータのばらつきを評価することでオリジナルデータから得られる統計値の性質を導く手法です。