Windows版が起動しなくなった場合の対処法

 

  LabSecretary  Windows版が起動しなくなった場合の対処法 

 

  • 対象となるバージョン

    Ver4.0.X以下のバージョン  (Standard版、Professional版)



  •  対象OS
  • Windows

     

  • 実行方法

    実行する前に、必ずバックアップをおとりください。
    (LabSecretaryがインストールされているフォルダごとコピー・圧縮等を行ってください。)

    次のA、Bの順にお試し下さい。どちらかの方法で起動できれば、その時点で解決となります。

    A.起動設定の再登録
     
     1. LabSecretaryを停止します。LabSecretary起動パネルも閉じます。

     2. LabSecretaryがインストールされているフォルダに移動。
     
     3. binフォルダに移動

     4. removeService.batと言うファイルをダブルクリック。
    何も起こりませんが問題ありません。

     5. LabSecretary起動パネルのスタートボタンを押して、LabSecretaryを起動。
    ログインできるかどうかお試し下さい。



    ▼B.起動ファイルの確認

     1. LabSecretaryを停止します。LabSecretary起動パネルも閉じます。
     
     2. LabSecretaryがインストールされているフォルダに移動。
     
     3. binフォルダに移動

     4. bootstrap.jarというファイルがあるかどうかを確認します。
    存在しない場合は、bootstrap.jarファイルをダウンロードして配置してください。

    存在する場合は、念のためそのファイルをデスクトップ等に移動したうえで、
    bootstrap.jarファイルをダウンロードしてbinフォルダ内に配置してください。

     5. LabSecretary起動パネルのスタートボタンを押して、LabSecretaryを起動。
    ログインできるかどうかお試し下さい。