再インストールの方法

 

  データを継続使用しながら再インストールする方法 

 
   LabSecretaryを再インストールする場合、以下の方法で実行すれば登録されたデータを継続して使い続けることが可能です。

 

  • 対象となるバージョン

    すべてのバージョン  (Standard版、Professional版)



  •  対象OS
  • Windows, Mac

     

  • 実行方法

    実行する前に、必ずバックアップをおとりください。
    (LabSecretaryがインストールされているフォルダごとコピー・圧縮等を行ってください。)

    お持ちのバージョンを確認して、対応するバージョンの方法をお試し下さい。

    Standard版

      1. LabSecretaryを停止します。

     2. LabSecretaryがインストールされているフォルダに移動します。バックアップのため、必ずこのフォルダごとコピーをおとりください。

       インストール先を変更していない場合、LabSecretaryがインストールされているフォルダは
       Windows XP, 2000,2003: C:\Program Files\LabSecretary 
       Windows 7, Vista: C:\LabSecretary
       Mac: アプリケーション/LabSecretary
       となります。

     3. さらにwebapps/LabSecretaryフォルダに移動し、dataフォルダをデスクトップ等にコピーします。

     4. 同様に、webapps/LabSecretary/WEB-INFフォルダに移動し、labmanagerフォルダをデスクトップ等にコピーします。

     5. LabSecretaryをアンインストールします。アンインストールで残ったフォルダは手動で削除してください。

     6. LabSecretaryを再インストールします。

     7. LabSecretaryが再インストールされたフォルダに移動します。

     8. webapps/LabSecretaryフォルダに移動してdataフォルダを削除し、3.でコピーしたdataフォルダを貼り付けます。

     9. 同様に、webapps/LabSecretary/WEB-INFフォルダに移動してlabmanagerフォルダを削除し、4.でコピーしたlabmanagerフォルダを貼り付けます。以上で再インストールとこれまで登録されたデータの移行が完了します。

     10. LabSecretaryを起動し、これまで使用していたログインIDとパスワードを用いてログインします。




    ▼Professional版

      1. LabSecretaryを停止します。

     2. LabSecretaryがインストールされているフォルダに移動します。バックアップのため、必ずこのフォルダごとコピーをおとりください。

       インストール先を変更していない場合、LabSecretaryがインストールされているフォルダは
       Windows XP, 2000,2003: C:\Program Files\LabSecretary 
       Windows 7, Vista: C:\LabSecretary
       Mac: アプリケーション/LabSecretary
       となります。

     3. さらにwebapps/LabSecretaryフォルダに移動し、dataフォルダをデスクトップ等にコピーします。

     4. 同様に、webapps/LabSecretary/WEB-INFフォルダに移動し、labmanagerフォルダをデスクトップ等にコピーします。

     5. セキュリティ機能でIPアドレスでの制限をかけている場合は、LabSecretaryインストールフォルダ直下のconfフォルダに移動し、この中のserver.xmlをデスクトップ等にコピーします。

     6. LabSecretaryをアンインストールします。アンインストールで残ったフォルダは手動で削除してください。

     7. LabSecretaryを再インストールします。

     8. LabSecretaryがインストールされたフォルダに移動します。

     9. webapps/LabSecretaryフォルダに移動してdataフォルダを削除し、3.でコピーしたdataフォルダを貼り付けます。

     10. 同様に、webapps/LabSecretary/WEB-INFフォルダに移動してlabmanagerフォルダを削除し、4.でコピーしたlabmanagerフォルダを貼り付けます。

     11. 5.でserver.xmlをコピーした場合は、LabSecretaryインストールフォルダ直下のconfフォルダに移動してserver.xmlファイルを削除し、5.でコピーしたserver.xmlファイルを貼り付けます。以上で再インストールとこれまで登録されたデータの移行が完了します。

     12. LabSecretaryを起動し、これまで使用していたログインIDとパスワードを用いてログインします。