製品情報

 

利用頻度の高い研究室関連情報の管理・共有をトータルにサポート

square1Lab Secretaryとは

 LabSecretaryは、研究室関連情報の管理を行うためのソフトです。研究室(部署)の研究員、技術員・学生が管理している細胞、抗体、プラスミド、プライマー、論文、実験結果、試薬の情報を、研究室(部署)の共有情報として一括で管理できます。シンプルな操作性、アクセス性の向上を実現しています。日本語の使用が可能であり、スタッフフレンドリーな製品となっております。


こんな研究室におすすめ

 “研究データ・リソースの増加でデータを整理できない”、“研究員の異動・学生の卒業にともないデータやリソースがどこかに埋もれてしまう” などでお困りの研究室。LabSecretaryを使って、研究データやリソースをすっきり管理してみませんか?


ご利用いただいている研究機関

 東京大学、京都大学、大阪大学、名古屋大学、九州大学、北海道大学、東北大学、筑波大学、慶応大学、中部大学等、多くの大学、企業の研究室でご利用いただいています。

 




Lab Secretaryシステム概要

 Lab Secretaryのシステム概要は以下のようになっております。研究室のパソコン1台だけにインストールしていただければよく、あとは自分のパソコンからインターネットエクスプローラーなどの使い慣れたブラウザを用いてデータの管理ができます。現在お手持ちのコンピュータをデータ管理用マシンとして用いることができ、安価に研究室関連情報の管理を行うことができます。

 
ls_system_flow_011
ls_system_flow_022


trialbutton01

 

 

 主な特長 Features

研究室のパソコン1台だけにインストールすればOK。ブラウザを使って簡単操作。

InternetExplorer, Netscapeなど、普段ご使用されているブラウザを使って、情報の登録・閲覧が簡単に行えます。コンピュータごとにソフトをインストールする必要がなく、手間がかかりません。研究室のネットワーク内であればどこからでもアクセスできますので、自分のパソコンからいつでも好きなときにデータの管理を行うことができます。




細胞、抗体、プラスミド、プライマー、論文、実験結果・試薬情報を一括管理・共有可能

従来個別のツールなどで管理していた、細胞、抗体、プラスミド・cDNA、プライマー、論文、実験結果、試薬などの情報をまとめてすっきり管理できます。研究室のスタッフで情報を共有できるので、研究室(部署)の情報管理に最適です。 下記で紹介するカスタマイズ機能を利用すれば、植物の管理や学会発表のデータ管理などにもご利用していただけます。

 




研究にあわせて自由にカスタマイズ

細胞・抗体などLabSecretaryで管理できる項目をカスタマイズすることが可能です。また、初期状態では、細胞、抗体、プラスミド、プライマー、論文、実験結果・試薬の管理が可能になっていますが、これらの項目もカスタマイズが可能です。これによって、植物の管理や学会発表のデータを管理するといった使い方も可能になります。
また、Ver.4.0からは新規にメニューを追加できる機能(フリーカスタマイズ機能)を追加いたしました。全く新しい登録フォームを自由にカスタマイズして追加できます。




複数ユーザー対応、誰がどんなリソース(データ)をどこに保管しているかを把握

LabSecretaryでは、複数のユーザーを管理することができます。各ユーザーごとにデータを登録することで、誰がどんなデータをどこに保管しているのかを管理することができます。学生や研究員が卒業・異動で研究室を去った後も、データは保存しておくことができますので、貴重な研究データがなくなったり行方不明になることもありません。また、引継ぎ機能を利用すれば、研究データの引継ぎもスムーズにできます。




増え続ける画像、ファイルもすっきり!(リンク機能で複合管理)

細胞や抗体、プラスミド情報などの各リソースの個別の情報ごとに、画像やファイルを複数登録できます。ブラウザ上で見ることができる画像形式はjpg,gif,png,bmpに加え、tiff形式やPhotoshopのファイルも対応しているので、専用ソフトを開くことなく一覧で直接見ることができます。また、各画像に対してコメントをつけて保存でき、実験結果の評価を残すといったことが可能になります。 登録できるファイルはWord, Excelはもちろん、PDFやPowerPoint等あらゆるファイルに対応しています。

細胞や抗体など各リソースを個別に管理するだけでなく、各情報をリンクさせることによって、より効率的な管理が可能になります。たとえば、ある論文に基づいて培養細胞と抗体を用いた実験を行ったとき、論文と細胞・抗体情報ならびに実験結果をリンクさせることによって、必要な情報を簡単に結びつけて、しっかりと管理することができます。




データのインポート/エクスポート

Excelで管理された各データのインポートや、Pubmedからダウンロードした論文データ、EndNoteで管理された文献情報をLabSecretaryにインポートすることができます。すでにまとまった数のデータを管理されているときにこの機能を利用すれば、簡単にデータをLabSecretaryに登録することが可能です。

また、LabSecretaryに登録されたデータをCSV形式やTab区切り形式でエクスポートすることも可能です。論文情報に関しては、さらにEndNote Export形式やMedline形式でもエクスポートすることが可能となります。




論文簡単登録

PubMed IDを入力するだけで論文のタイトル、雑誌名、著者やアブストラクトを自動的に登録できます。さらに、PDFファイルを登録するだけで、論文のタイトル、雑誌名、著者やアブストラクトなども同時に登録する機能も追加されています。PDFファイルを登録すれば論文の本文も自動的に登録され、本文を検索することが可能になります。アドバンスドボタンを押していただければ、同時に5つのファイルが一括登録も可能です。




データバックアップ

大切なデータを守るために、データのバックアップ機能がついています。




セキュリティー機能(Professional版のみ)

IPアドレスによるアクセス制限をかけることができます。ただし、SSL等の暗号化通信には対応しておりません。セキュリティ機能を強化されたい場合は、弊社までご相談ください。

日本語対応

英語だけでなく、日本語を使った登録・検索が可能ですので、誰でも気軽に使用できます。




導入安価

お手持ちのコンピュータをデータ管理用マシンとして用いることができますので、トータルで安価にて導入していただくことができます。


研究室情報管理ソフトデモ版

 





その他

・画面イメージ

・バイオマーカー版