検体を管理する

 

ls_biomarker_head

検体サンプルの情報管理

Lab Secretary Biomarker版ではマーカー探索の対象リソースである検体サンプル(血清・組織)についての情報を登録・検索することが出来ます。初期設定している項目名もユーザ側でカスタマイズできますので、研究内容に合わせて設定して頂けます。デフォルトの項目としては、年齢、性別、疾患名、病期、TNM分類などが管理できるようになっております。画像やExcel、Word、PDFといったファイルも同時登録できますので、実験データをあわせて登録しておくことも可能になります。

さらに、データ同士をリンクする機能を用いて、実験で使用した抗体や細胞等のリソースもあわせて管理することができます。また、PCで管理されている大量のデータも、Excelファイルを用いたインポート機能により、まとめてデータ登録することが可能です。





◆ 追加機能2 : バーコード対応機能の詳細を見る



serum


serumreg