移行用インストーラー

  Ver4.x  コンピュータ移行用プログラム 

以下のプログラムは、LabSecretary製品版をご使用の方を対象としています。

本プログラムは、現在ご利用中のLabSecretaryを別のコンピューターに移して利用するためのプログラムです。

修正プログラムではありません。 ご利用にあたっては、下記の記載事項ならびに手順を必ずご参照ください。

 

LabSecretaryをインストールしているパソコンを換える場合など、別のパソコンにLabSecretaryを移し、引き続きご利用される場合、本プログラムを用いれば移行処理が簡単に行えます。新規に利用可能なOSとして、Windows Vista, 7, 2003、Mac OSX 10.6に対応しています。

 

 

Windows 8, 7, Vista, XP, 2000, 2003 (32bit, 64bit OS)

Macintosh OS X 10.5(Leopard), 10.6(Snow Leopard)  (32bitカーネル)

 

  • 対象となるバージョン

    Ver4.x (Standard版、Professional版)
  • Ver 3.x以前の製品にはご利用いただけません。本プログラムをご使用になるには、Ver4以降にバージョンアップしてください。
  • アップデート後のバージョン

    バージョンは変わりません。
  •  対象OS(移行後のパソコンのOS)
  • 実行方法

    実行する前に、必ずバックアップをおとりください。
    (LabSecretaryがインストールされているフォルダごとコピー・圧縮等を行ってください。)

    以下では、現在LabSecretaryを使用中のパソコンをOLD_PC新しく移行するパソコンをNEW_PCとします。

    ▼Windows


    1.OLD_PCで使用しているLabSecretaryを停止します。

    2.OLD_PCでLabSecretaryがインストールされているフォルダを丸ごとUSBメモリ等にコピーします。
    LabSecretaryがインストールされている場所は、デフォルトでは、

    Windows Vista, 7 C:¥LabSecretary 

    Windows XP, 2000, 2003 C:¥Program Files¥LabSecretary 

    となります。このLabSecretaryフォルダを丸ごとコピーしてください。


    3.NEW_PCに移動し、2.でコピーしたファイルを配置します。推奨する配置場所については以下を参考にしてください。

      Windows 8の場合 C:¥Program Files もしくは C:¥Program Files(X86)の直下に配置します。
      配置後のフォルダは、C:¥Program Files¥LabSecretary もしくは C:¥Program Files(X86)¥LabSecretary  となります。

      Windows Vista, 7の場合 C:ドライブの直下に配置します。Program Filesフォルダ内には配置しないで下さい。
      配置後のフォルダは、C:¥LabSecretary  となります。

      Windows XP, 2000, 2003の場合 C:¥Program Filesの下に配置します。
      配置後のフォルダは、C:¥Program Files¥LabSecretary  となります。

     
    4.NEW_PC上で、下記からプログラムをダウンロードし、ダブルクリックします。インストーラーが起動します。この操作は、USBライセンス・キーを挿入しないで行ってください。

  • 5.上記3.で示した場所に配置した場合は、インストーラーの指示通りにインストールを行ってください。配置場所を上記3.と異なる場所にした場合は、インストール先を変更してください。(LabSecretaryがインストールされているフォルダを上書きする形でインストールします。)。

    6.インストール中、USBライセンス・キーのドライバーのインストーラーも起動しますので、実行してください。

    7.インストールが完了したら、LabSecretaryで使用しているUSBライセンス・キーを、NEW_PCに挿しかえます。 USBキーのランプが点滅から点灯にかわるまで待ちます。 

    8.LabSecretaryを起動します。

    9.ログインできれば移行完了です。ログイン画面が表示されない場合やログインできない場合は、配置場所とインストーラーのインストール先が正しいかどうか、ならびにファイアウォールの設定等をご確認下さい。

    10.(Professional版のみ)アクセス制限でIPアドレスの設定をしている場合は、設定が解除されます。ログイン後、再度設定を行ってください。



    ▼Macintosh

    1.OLD_PCでLabSecretaryを停止します。

    2.OLD_PCでLabSecretaryがインストールされているフォルダを丸ごとUSBメモリ等にコピーします。
    デフォルトでは、Macintosh HD/アプリケーションの下にLabSecretaryというフォルダがあります。このLabSecretaryフォルダを丸ごとコピーしてください。

    3.NEW_PCに移動し、2.でコピーしたファイルを配置します。推奨する配置場所については以下を参考にしてください。

      アプリケーションフォルダ内に配置します。 配置後のフォルダは、 Macintosh HD/アプリケーション/LabSecretary  となります。

     

    4.NEW_PC上で、下記からプログラムをダウンロードし、ダブルクリックします。installというファイルが作成されますので、それをダブルクリックします。インストーラーが起動します。この操作は、USBライセンス・キーを挿入しないで行ってください。

    5. 上記3.で示した場所に配置した場合は、インストーラーの指示通りにインストールを行ってください。配置場所を上記3.と異なる場所にした場合は、インス トール先を変更してください。(LabSecretaryがインストールされているフォルダを上書きする形でインストールします。)。

    6. インストール中、USBライセンス・キーのドライバーのインストーラーも起動しますので、実行してください。ドライバのインストール先は、OSがインストールされているボリュームになるようにします。

    7.インストールが完了したら、LabSecretaryで使用しているUSBライセンス・キーを、NEW_PCに挿しかえます。USBキーのランプが点滅から点灯にかわるまで待ちます。点灯にかわらない場合は、パソコンを再起動してください。

    8.LabSecretaryを起動します。

    9.ログインできれば移行完了です。ログイン画面が表示されない場合やログインできない場合は、配置場所とインストーラーのインストール先が正しいかどうか、ならびにファイアウォールの設定等をご確認下さい。

    10.(Professional版のみ)アクセス制限でIPアドレスの設定をしている場合は、設定が解除されます。ログイン後、再度設定を行ってください。


 

            

  Standard Professional
Windows(32bit) Setup_Standard_Windows.zip Setup_Pro_Windows.zip
Windows(64bit)
Setup_Standard_Windows_X64.zip Setup_Pro_Windows_X64.zip
Macintosh Setup_Standard_Mac.zip Setup_Pro_Mac.zip

 

 

 

 

  • 移行用プログラムのダウンロード